企業情報

代表挨拶

中西 敦士

慶應義塾大学商学部卒。大手企業向けのヘルスケアを含む新規事業立ち上げのコンサルティング業務に従事。
その後、青年海外協力隊でフィリピンに派遣。2013年よりUC Berkeleyに留学し、2014年に米国にてTriple Wを設立。2015年に当社設立。
著書:「10分後にうんこが出ます-排泄予知デバイス開発物語-」 2016年・新潮社

まだこの世に無いプロダクトで
世界を一歩前に進める

代表取締役
中西 敦士
Atsushi Nakanishi

私たちは「世界を一歩前に進める」というミッションを掲げ、排泄予測デバイスの事業を推進しています。日々悪戦苦闘する中で、ふと「世界を一歩前に進める」ということを考えることがあります。これまで「当たり前のこと」と諦めていたことを、「当たり前ではないこと」にして希望をもう一度持てるようにする。そして、そこから生まれる一つ一つの喜びの積み重ねこそが「世界を一歩前に進める」ことだと実感しています。
現在私たちは、排泄予測デバイスの事業を行っています。誰しもがトイレの悩みなく過ごしたいと願っているものの、悩みを抱えたままオムツやパッドで対処するのが「当たり前」でした。私たちは、もう一度トイレに悩むことなく元気に外出し、オムツ・パッド以外の選択肢を増やして尊厳を保ち続けることに役立ちたいと考えています。
ただ、その実現には多大な労力と資金と時間が必要です。ではなぜ私たちは敢えてその困難に飛び込むのか。それは、私たちの前に大きな課題と困っている人々がいて、そして世界の誰かが必ずその課題を解決しなければならないと知っているからです。
排泄予測デバイス事業を進める中で、ヘルスケアの重要性と同時にその課題の多さ、そして可能性を知りました。
私たちは、これら数多の課題解決に向けて、日々の研究開発や、それをいち早くお届けし、活用していただき喜んでいただく、という小さな積み重ねを試行錯誤を繰り返しながらコツコツと実践しています。そんな私たちを少しでも応援していただき関わっていただければ幸いです。

役員紹介

小林 正典
取締役
小林 正典

Masanori Kobayashi

慶應義塾大学商学部卒。デロイトトーマツコンサルティング、 IR Japan、楽天にて、事業戦略策定、IPO支援、M&Aアドバイザリー等に従事。2014年9月より、当社に参画。複数社のスタートアップでCFO業務の兼務を経験後、当社にフルコミットし、CFO業務を含むコーポレート部門を管掌。

村木 洋介
取締役
村木 洋介

Yosuke Muraki

東京大学工学部産業機械工学科修士課程修了。UC Berkeley留学。ソニー株式会社にて、家庭用ゲーム機のプロセッサ量産や医療診断機器システムの設計開発から商品化等を経験。2012年ソニーMVP。2014年より株式会社JAIコーポレーションにて、グローバルCTOとして産業用カメラの製品化に従事。2017年10月より技術顧問として当社参画後、2018年3月より当社取締役に就任。